腹横筋と腹斜筋の筋力低下が原因のぷにぷにお腹対策!


インナーマッスルと言われる身体の内側の筋肉の中でも「腹横筋」と「腹斜筋」と言われるお腹周りの内層筋肉が内臓を支える働きをしています。
この腹横筋と腹斜筋の筋力が低下する事によって「内臓下垂」が起きます。
内臓下垂になる事で下腹まで内臓が下がり、お腹が出ます。お腹がぽっこりと出ると自然とそこに皮下脂肪が溜まりやすくなります。
このような状態でお腹がぷにぷにしている場合は内臓下垂と皮下脂肪が原因です。

 

 

この内臓下垂でお腹が出ている場合は、いくら脂肪対策のダイエットをしても全く効果がありません。
そのお腹は脂肪ではなくて内臓のぽっこりなのでいくら脂肪対策をしても効果がないんです。
これを知らない人が脂肪対策ダイエットを続ける事で皮下脂肪を落とす事が出来てもその裏にある内蔵下垂を治す事は出来ません。
内蔵下垂の対策は別途必要になるからです。

 

 

 

腹横筋と腹斜筋を鍛える事でぷにぷにお腹を改善出来る


腹横筋と腹斜筋の筋力が低下している事で内臓下垂が起きてお腹がぷにぷにしている状態の場合は改善策は簡単で、腹横筋と腹斜筋を鍛える事です。
腹横筋と腹斜筋が鍛える事が出来れば内臓を再度筋肉で持ち上げる事が出来て内臓を元の位置に戻します。

 

 

腹横筋と腹斜筋は正しい姿勢になる事で多少使う事が出来ます。良い姿勢になり、生活をする事で自然に腹横筋と腹斜筋を使う事が出来て筋力が上がります。

 

 

もし短期間で腹横筋と腹斜筋を鍛えたい場合は通常の腹筋運動の起き上がる時に身体をひねりながら起き上がる事でこの腹横筋と腹斜筋を使う事が出来ます。しかしこの方法はとても辛い運動になる為出来る事ならより楽に効率的に腹横筋と腹斜筋を鍛えたいものです。(通常の腹筋運動では腹筋しか鍛える事が出来ません)その為にダイエットグッズがあります。

 

 

 

腹横筋と腹斜筋を簡単に鍛えるダイエットグッズ


腹横筋と腹斜筋を鍛える方法は正しい姿勢を長期間続ける事と腹筋にひねりを入れる事以外にも楽に鍛える事が出来る方法があります。それは着るだけで腹横筋と腹斜筋を使う事が出来るように設計されているダイエットグッズ(筋力グッズ)です。

 

このようなダイエットグッズが通販されていますのでそのような商品を使う事でより効率的に腹横筋と腹斜筋を鍛える事が出来るようになりました。

 

 

男女別!ランキング1位の腹横筋と腹斜筋を鍛える事が出来るグッズ

 

男女共用!Vアップシェイパー

芸能人のヒロミがプロデュースしたVアップシェイパー。着るだけで腹筋以外にも腹横筋、腹斜筋などのインナーマッスル筋力も鍛える事が出来る優れものです。男性でも女性でも使用可能です。

 

【Vアップシェイパー】

 

 

男性用!マッスルプレス

着るだけの筋力サポートシャツ。
インナーマッスルの筋力を着るだけで鍛える事が出来る商品。さらに姿勢矯正の効果があり、正しい姿勢へと導きます。

 

 

24時間ボディメイク【マッスルプレス】