下腹の解消には身に着けるだけのダイエット商品がベスト!


下腹のダイエット対策はよく腹筋と言われていますが、非常に辛い筋トレ運動の為、最後まで続ける事ができない事が多いですね!
私も腹筋ダイエットは何度も試したのですが、挫折しました。

 

 

1番辛いダイエット方法なのではないでしょうか。
腹筋ダイエットは回数ではなくて斜めの状態になっている時にその状態で10秒など時間経過を計るほうが効果的です。
しかし、その腹筋ダイエット法はやはり非常に厳しい運動になります。

 

特に始めて3日くらいは下腹や横腹が非常に痛くなります。筋肉痛の痛みと慣れていない筋肉を使う事への警告ですね。
この状態でも、腹筋運動を続ける事を辞めずに長期間継続出来るならば、腹筋で下腹を引き締めるダイエットが可能です。

 

 

 

楽に下腹を解消するには着るだけや付けるだけダイエット!?


腹筋運動をしなくても、着るだけや身に着けるだけで腹筋運動をしている事をサポートするダイエット商品があります。
実は下腹の解消には姿勢が関係しています。

 

 

正しい姿勢で生活をする事が出来れば自然とお腹の腹筋の深層にあるインナーマッスルの筋力を鍛える事が出来るのです。
この筋肉を鍛える事で下腹の引き締まりの度合いが大きくアップします。

 

姿勢矯正系の商品の多くは着るだけで正しい姿勢をサポートしてくれる物が多いので、下腹ダイエット方法としては毎日欠かさずに着るだけや身に着けるだけです。

 

 

とても簡単ですよね!これが現時点では最も楽にぷにぷにっと出た下腹を解消する方法です。
姿勢矯正系の商品は男性用と女性用があります。男性用の場合は姿勢矯正と筋力アップを目的にしている商品が多く、女性の場合は姿勢矯正と美しいボディを目的としている商品が多いです。
以下男女別の姿勢矯正系の商品のランキング1位の商品を抜粋しています。
ランキングは大手美容サイトのランキングを抜粋

 

 

チェック!男女別のランキング1位の姿勢矯正の商品
男性の姿勢矯正商品1位 ⇒「マッスルプレス
女性の姿勢矯正商品1位 ⇒「美姿勢ビルダー

 

 

 

下腹がどうしても改善されない?内蔵が下がっているかも!?


通常の下腹が出る状態ならば脂肪を取るような脂肪燃焼系運動と脂肪や糖分を取らないようにするダイエットである脂肪や糖分の吸収を抑えるダイエットで効果があります。

 

 

しかしこのようなダイエット方法を実践しても全く効果がない場合は、その下腹は脂肪でたるんだ下腹ではありません。
おそらく「内臓下垂」が関係しています。

 

 

内蔵が下に下がる内臓下垂を起こすと内臓が垂れるので下腹付近がぽっこりと出ます。この状態だけならぽっこりとするだけなのですが、ここに脂肪が付きやすく、実際に脂肪が付くと下腹がたるんできたり、ぷよぷよ下腹、ぷにぷに下腹になります。

 

 

この場合の下腹改善方法は、まずは「内臓下垂対策」をする事が先決です。
内臓下垂対策は全部で3つあります。

ぷにぷにお腹になる原因で内蔵下垂が関係している原因についてはトップページの「ぷにぷにお腹の原因」箇所の@〜Bになります。

 

 

 

この3つのうちどの原因で内臓下垂になったのかを把握する必要があります。内臓下垂の原因を把握したらその原因を除去する内臓下垂対策を実践します。

 

内臓下垂が疑われる場合はまずは内蔵下垂対策を実践して内臓下垂が治ったら初めて余分な脂肪を除去する為の脂肪対策ダイエットをするのがこのようなぷにぷにの下腹を解消するベストな方法です。

 

 

 

 


ぷにぷにお腹の原因別解消方法一覧