中年の腹が出る対策方法!出る腹の種類を把握しよう!


40歳前後のいわゆる中年になるとお腹が出る人が多くなります。
男性も女性関係なく、中年になるとお腹が出る人の割合が高くなります。

 

 

代謝力や脂肪燃焼力の低下もありますが、環境の変化により定期的な運動をしなくなった事やアルコールの摂取量が増える事、育児のストレス、仕事のストレスなどの要素もあります。

 

 

こんな中年に悩ましくなるお腹が出る事への対策方法はお腹が出る種類を把握する事です!

 

 

 

 

 

ぽっこり出るのか?ぷにぷに出るのか?


お腹が出るの種類を大きく分けるとぽっこりと固く出ているお腹なのか?
それとも、だらんと垂れるように出て脂肪もほどよく付いているぷにぷにのお腹なのか?です!

 

まずは、内臓下垂を疑いましょう!
内臓を支え切れずに内臓が下に下がる事を内臓下垂と言います。

 

 

この内臓下垂が起きている場合にはお腹がぽっこりと出ます。
さらに、そこに脂肪が付く事でぷよぷよっとした垂れる感じのお腹が出る状態になります。

 

 

 

 

内臓下垂のみの場合は、内臓下垂が対策できれば、ぽっこりお腹は改善されます。
内臓下垂+脂肪がある場合は内臓下垂を対策した後に脂肪対策の通常ダイエットをすればお腹が出るを改善出来るでしょう!

 

 

また、人によっては脂肪のみでお腹が出ている人がいます。この場合はお腹だけでなく、身体全体が太るので見分ける事が出来ると思いますよ!

 

 

中年でお腹が出る人はトップページで紹介しているぷにぷにお腹の原因を確認してみましょう!
確認出来たら対策するのみです!


ぷにぷにお腹の原因別解消方法一覧



スポンサードサーチ
TOPへ