ぷにぷにっとしたお腹を解消する方法


様々ないくつものダイエット方法やダイエット商品を実践して、私のぷにぷにっとしたお腹が解消できました。
お金を使わない運動や食事方法では効果がなくて、私が取ったぷにぷに対策はダイエット商品です。

 

 

 

 

ここで重要な事を言うと、ぷにぷにお腹の原因別に商品を決めないと効果がないという事!

 

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

ぷにぷにお腹の原因は全部で4種類ある!


ぷにぷにのお腹になってしまう原因は4つあります。どの原因でぷにぷにお腹になってしまったのかを把握する事が重要です。
以下4つのぷにぷにお腹の原因です。

 

 

 

ぷにぷにお腹の4つの原因一覧

骨盤の歪みや開きが原因でぷにぷにお腹になる場合

骨盤の歪みや開きがあると、骨盤上の内臓を支えきる事が出来ずに内臓が下に垂れます(内臓下垂)。この為にお腹がぽっこりと出てしまいます。ここに脂肪が付けば付くほどぷにぷにの度合いが強くなります。

 

 

 


 

 

腹横筋と腹斜筋の筋力低下でぷにぷにお腹になる場合

インナーマッスルの腹横筋と腹斜筋が低下する事で「内臓下垂」を起こしてお腹がぽっこりと出ます。
お腹の周りの筋肉は表面的には腹筋になりますが、内面の筋肉はインナーマッスルと呼びます。

 

このインナーマッスルでも直接内臓を支える筋肉であるのが「腹横筋と腹斜筋」の筋肉になります。この筋力が低下する事で内臓下垂になり、さらにそこには脂肪が付きやすく、脂肪が付く事でぷにぷにの度合いが強くなります。

 

 

 


 

 

悪い姿勢・猫背姿勢が原因でぷにぷにお腹になる場合

悪い姿勢や猫背の姿勢が長期間続くと2つの原因でお腹がぷにぷにお腹になります。

 

2つの原因とは、猫背や悪い姿勢である事で、ぷにぷにお腹になる原因Aで述べたように@腹横筋と腹斜筋を使わない状態が続き、腹横筋と腹斜筋の筋力が低下する事が1つ。

 

あと1つの原因が悪い姿勢や猫背姿勢になる事で身体全体の血流の流れが悪くなり、内臓の周りにある内臓を正しい位置に保つ役割がある「内臓膜」に栄養が届きずらい状態になります

 

Aの内臓膜に栄養が届かない状態が続くと内臓を正常な位置に保つ事が難しくなり内臓が下がります。この状態になるとお腹がぽっこりと出ます。
ぽっこりお腹には皮下脂肪が付きやすく、そこに皮下脂肪が付いてぷにぷにお腹、ぽよぽよのお腹になってしまいます。

 

 


 

 

皮下脂肪のみでぷにぷにお腹になる場合

ぷにぷにお腹になる最後の原因は「脂肪」そのものです。通常ぷにぷにお腹になる人の多くは「内臓下垂」の状態があり、そこにプラスして皮下脂肪が付いている状態が多いのですが、「内臓下垂」がなく「脂肪」のみでお腹がぷにぷにする場合があります。

 

この場合は、脂肪が単にお腹に多く付いている状態なので、改善策も「皮下脂肪対策ダイエット」のみを実践すれば簡単にぷにぷにお腹を解消する事が出来ます。

 

 


 

 

重要!ぷにぷにお腹の原因を見極める!


ぷにぷにお腹になるのは原因がそれぞれ4つある事は記載しましたが、どの原因か分からない事が多いです。
出来るだけ原因が分かるように以下にそれぞれのぷにぷにお腹のポイントを記載しています。

 

自分で気づいている事・他人から言われた事がある事 考える事が出来るぷにぷにお腹の原因+解決策
骨盤が開いている・ずれていると言われた事がある ぷにぷにお腹原因@
定期的な運動をしていない状態が3年以上続く ぷにぷにお腹原因A
猫背や姿勢が悪いと言われた事がある ぷにぷにお腹原因B
お腹以外にも身体の部位に脂肪が多く付いている ぷにぷにお腹原因C
出産経験が多い ぷにぷにお腹原因@
過食・寝る前に飲食をする傾向がある ぷにぷにお腹原因C
腹筋の筋力がない(腹筋がないとたいてい腹横筋と腹斜筋の筋力も無い事が多い) ぷにぷにお腹原因A
呼吸が浅い(呼吸が浅い人は姿勢が悪い事で呼吸が浅くなる事がある) ぷにぷにお腹原因B

 

 

スポンサードサーチ
TOPへ